吸水タイプの土のう袋はエコで使い勝手抜群

吸水タイプの土のう袋はエコで使い勝手抜群

土嚢袋

便利な土のう袋

土のう袋は、本来土を入れて使用しますが、最近では便利な商品が開発されています。土のう袋の素材に高吸水性ポリマーを使用していることにより、土砂を必要としない商品です。水を土のう袋にしみこませることによりポリマーが水を吸い込み土のうとしての役割を果たします。使用が終わると、乾燥させることで水を吸収させる前の状態に戻ります。

地球にやさしい

土のう袋を利用するたびに土を使用することが難しい場合があります。例えば、都市部のビルには土がありません。なので、土のう袋があっても中に詰めるものがなく土のう袋が機能しません。ですが、水さえあれば利用できる吸水タイプであれば、どんな場所でも使用できます。また乾燥させれば軽くなるので持ち運びもしやすいです。

すぐに使用することが可能

日本は世界でも雨が多い国です。更に最近ではゲリラ豪雨など短時間で多くの雨が降る現象が起きています。住居や店舗の浸水による被害はとても大きいです。急な水害時には、土を詰めるタイプの土のう袋では、対応が間に合わないことがあります。素早く利用できる吸水タイプの土のう袋は、水を吸収するのに3分も掛かりません。なので素早い対応が可能です。

広告募集中