建築現場シートとは?

建築現場などでよく見かける企業の広告をしているシートのことです。養成シートや広告シートとも呼ばれています。建築現場だけでなく、お店の広告などにも利用されています。伝えたいことを通りかかった人に認知してもらうことが出来ます。製作する際にデザインを自分で作成することも出来ますが、業者に作ってもらうこともできます。なので、デザインにこだわることも可能です。

現場シートを利用するメリットや費用の相場

建設現場

利用するメリット

第一に広告の効果があります。看板を作るよりも安価で製作が可能なうえに持ち運びがしやすいです。また場所もとらないので利用する場所を選びません。なのでさまざまな場所で利用されています。付け替えが簡単なので、お手軽に利用できる広告として利用することが出来ます。土のう袋と同じ素材が使われているものもあります。

費用の相場

安価で作成できると紹介しましたが、どのくらいの費用で作れるのか相場が気になると思います。相場は、依頼するデザインや大きさ、素材によって変わります。また大量注文を行うとその分だけ安くなります。よく利用されている1800mm×3600mmサイズだと1枚注文で15000円~20000円で作成出来ます。料金の中には、デザイン料が含まれています。なのでデザインを自分で製作すれば費用を抑えることが可能です。

現場シートを利用した方の声

建築現場で使用

建築現場でいつも使用してますが、しっかりしていて丈夫です。とても目立つので広告としての効果は十分あると思います。いつも素早くて丁寧な対応ありがとうございます。

希望通りのデザイン

最初に送ったデータに変更をお願いしました。その時に柔軟な対応をしてもらいました。デザインにこだわるなら修正に対応してくれる会社を利用した方がいいです。素早い配送とても助かりました。

広告募集中